アメリカのパルたちと手紙の合間にメールをしている。

そのメールがどれもこれもやっぱり話題の選挙のことで、

どのメールも毒づいてある。

そんな中、インディアナ州のパルからもメールが来た。

彼女に日本のゆるキャラを紹介?しているアメリカのTV番組で

私が大笑いしたことを動画を添付してメールした。

その返事が

「こういう笑いって、本当に冗談のようなひどい世界では必要よ」、

と書かれていた。

冗談のようなひどい世界って、もしかして?と思ったら

やっぱり大領領選挙のこと。

For example, my country is going down the toilet with

the two choices for President.

(例えば、私の国は大統領選出の2つの選択肢で国が無駄になろうとしている)

go down the toilet: お流れになる、無駄になる

It is disgusting and depressing.

(胸糞悪くて憂鬱だわ)

I think they both suck.

(両候補とも最悪よ)

究極の二者択一を迫られて、彼女の選択は

「選挙に行かないことにした」と。

どちらに投票して、私が投票したほうが大統領になっても

私にとってはうそをつくことになる、と。

究極の選択の結果が投票しない…う~ん、

第3の選択肢は?と思ったりしたけれど、

こうやって投票に行かない人はどこの国にも多いのだろうなぁ。


にほんブログ村